The unknown legend of Lemia(知られざるレミアの伝説)

From guidebook "Famicom Hisshoubon Dragon Slayer IV Hisshou Guidebook".
The Worzen family's ancestor Lark goes back to his life, and the past of Pochi becomes clear.
攻略本「ファミコン必勝本 ドラゴンスレイヤーIV必勝ガイドブック」より、ドラゴンスレイヤー4の前日譚。
ウォーゼン一家の先祖ラークが存命の時代に遡り、ポチの過去も明らかになる。

TOC / 目次

Western oasis, Lemia's hardship / 西方のオアシス、レミアの苦難

 Oasis in the west ... Is there such a good name for Lemia? The sea overlooking gently to the north. As you turn around, There is a golden earth landed on the sun. And from the east you can hear the sound of the ax that the bats hit.
 西方のオアシス……これほど、「レミア」にふさわしい呼び名があったろうか。北にはおだやかに横たわる海。ぐるり振り向くと、太陽に身をまかせた黄金色の大地。そして東から聞こえてくるのはキコリたちが打つオノの音。

 Thanks to the land where the birds and animals of the forest, people, and even the flowers swaying in the wind were fruitful, visitors from far away were just amazed at their lively appearance.
 森の鳥や動物、そして人々、いや風にゆれる草花さえもが実り多いこの地に感謝をし、遠方より訪れる人たちは、その活気あふれる姿に目をみはるばかりだった。

 However, during the reign of King Femis, the happiness of “Lemia” collapsed without any help. A terrible monster appeared from far east and attacked Lemia. Those who knew only peace could not escape. The unsuspecting people, the house, the earth, the monsters crumbled mercilessly.
 しかし、国王フェミス統治の時、「レミア」の幸福は、あっけなく崩れ去った。はるか東より恐ろしいモンスターたちが現れて、レミアに襲いかかったのだ。平和しか知らない人々は、逃げまどうしかなかった。その無防備な人々を、家を、大地を、モンスターたちは情け容赦なくたたきつぶした。

 It was the most evil dragon, Keela, who sent these monsters. He has requested all the treasures in Lemia and 70% of the crops to be harvested. Of course, the king did not take any action. If such a terrible request is made at any one time, the tribute will last forever.
 このモンスターたちを送り込んできたのは、もっとも邪悪なるドラゴン、ディルギオスだった。彼はレミアにある全ての財宝と、刈り入れられる穀物の7割を要求してきた。もちろん国王とて、ただ手をこまねいて見ていたわけではない。そんなとほうもない要求をいちどでものんだら最後、その貢ぎものは半永久的に続くだろうから。

 However, the only thing that knows about peace is the same with soldiers and knights. No matter how many monsters were killed, they did not end up.
 しかし、平和しか知らないのは兵士や騎士とて同じこと。モンスターたちは斬っても斬っても湧き出すように果てしなかった。

 And one day. The sky without a single cloudy sky turned dark, and an eerie dark cloud quickly covered Lemia. Soon, a laughing voice that shakes the earth resonated. The people who looked up uneasy looked at the majestic dragons that seemed to be broken in the clouds. The eyes will sometimes glow red.
 そして、ある日。一点の曇りも無かった空がにわかに暗くなり、不気味な暗雲がまたたく間にレミアをおおいつくした。じき、大地をゆるがすような笑い声が響きわたった。不安そうに見上げる人々が見たのは、雲の中、切れ切れに見える悠々たるドラゴンの姿だった。ときどき赤く光って見えるのが目であろう。

“No matter how much you fight, you only make a pile of dead people. Well, that ’s good boring.”
「いくら戦っても死人の山を作るだけだ。まぁ、それはそれでいい退屈しのぎにはなるがな」

 And the dragon prophecy was quite right. Many people died, and the remaining people were exhausted rather than alive. The king finally realized the “limits”. Lemia has only one way to survive. The king told the man in black attire, the messenger of Keela, that he would surrender.
 そしてドラゴンの予言はみごとに当たった。多くの人々が死に、残った人々も生きているのかさだかではないほど疲れ果てた。国王はついに「限界」を悟った。レミアが生き残る手だてはひとつしかない。ディルギオスの使いという黒装束の男に「降伏する」と伝えたのだ。


Appearance of Wizard Lark / 魔法使いラークの登場

 And a few years later. Lemia, once called the west oasis, has been transformed into a tough place a mere shadow of one's former self. The people lost their energy and the children continued to cry with a hungry voice. Everyone forgot the hope.
 そして数年後。かつて西方のオアシスと呼ばれたレミアは見る影も無いほど苦渋の地と変わり果てていた。人々はうつろな目をし、子供たちは空腹に声をからし泣き続けた。誰もが希望というものを忘れていた。

 Keela has already completed a vast dungeon deep under the ground and protected countless monsters. The monsters are formidable, and the dungeons are intricately complicated and have many traps, so it is impossible to reach even the dragon.
 ディルギオスはすでに地底深く広大なるダンジョン(地下世界)を完成させ、無数のモンスターたちに守らせていた。モンスターも手ごわいが、ダンジョンじたいが複雑に入り組んでおり、多くのトラップが仕掛けられているため、ドラゴンのもとまでたどり着くことすらできないありさまだった。

 The king tried to send a number of knights named Dragons to the dungeon, but nothing came back alone.
 国王はドラゴンを倒さんと名だたる騎士を何人もダンジョンへと送りこんでみたが、ひとりとして帰ってきたものはいなかった。

 One day, a traveler arrived in the Lemia forest. His stubble and hair were long. The cheeks fell off and the figure in the rag looked like a beggar rather than a traveler. However, the sharp and grim eyes belonged to the wise. He collapsed like a big tree. I have already walked without eating for days.
 そんなある日、レミアの森にひとりの旅人が息も絶えだえにたどり着いた。のばしほうだいのヒゲと髪。ほほはこけ落ち、ボロをまとったその姿は旅人というより乞食に見えた。しかし、鋭く険しい目は賢者のものだった。大きな木にすがり付くように彼は崩れ折れた。すでに何日も飲まず食わずで歩いてきたからだ。


“Hey, you seem to have noticed.”
「やぁ、気がついたようだね」

 When the traveler opened his eyes, a good-looking man and his wife-like woman looked into him.
 旅人が目を開けると人の良さそうな男とその妻らしい女が彼を覗きこんでいた。

“here?”
「ここは?」

“It's our house. I found you falling and carried it here.”
「私らの家だよ。あんたが倒れているのを見つけてここまで運んだんだ」

“But I can't do that very well.”
「でも、あんまりいいもてなしはできないんだけどね」

 The woman seemed sorry. The man sighed and told him that he had been since Keela came.
 女がすまなさそうにいった。男もため息をつき、ディルギオスがやってきて以来のことをせつせつと語った。

 Really……. After all. He remembered when he fought Keela in the country of Verilla. That bitter mistake that escaped before piercing the stop.
 そうか……。やはりあいつが。彼はヴェリラの国でディルギオスと戦った時のことを思いだしていた。とどめを刺す前に逃げられてしまった、あの苦々しい失敗を。

 And over the years, he sought out Keela and finally got the only holy sword in the world. The name of the traveler is Lark. A wizard with great magical power.
 そして、数年の歳月をかけて彼はディルギオスを探し求め、ついに、この世にただひとつしかない聖剣を手に入れたのだ。旅人の名はラーク。強大な魔力を持つ魔法使いだ。

 After resting for about three days, he thanked the couple and his children for a while and set off. He rushed to Keela's dungeon he heard from his couple. He will arrive in a day from here. He squeezed a special cane that was engraved with the runes and symbols that he thought of and only the chosen ones could hold.
 3日ほど静養した彼は引き留める夫婦や子供たちに厚く礼を言い旅立った。夫婦から聞いたディルギオスのダンジョンへと急ぐために。ここからなら1日で着けるだろう。ルーン文字やシンボルが刻まれ、選ばれたものだけが持てる特殊な杖を彼は握りしめた。

Enter the dungeon, and confront / ダンジョンへ侵入、そして対決

 The entrance of the dungeon opened weirdly. Is that sound heard from the wind or the moaning sound?
 ダンジョンの入口がポッカリと不気味に開いていた。中から聞こえるあの音は風の音か、それとも何かのうめき声か。

“Light, light up!”
「灯(ひ)よ、ともれ!」

 As he chanted, the end of the cane was lit and the dark entrance was illuminated.
 彼がそう唱えると杖の先に明かりがともり、暗い入口が照らし出された。

 Neither the maze that tricks intruders intricately, cleverly crafted traps, or innumerable monsters that could be thrown away, would work for him. The monsters flocking to him as he walks quietly along the right path as if being guided led off with one spell.
 複雑に侵入者を惑わす迷路も、巧妙に仕掛けられたトラップも、数かぎりなく放たれたモンスターも彼には通用しなかった。まるで導かれるように正しい道を静かに歩んで行く彼に群がるモンスターは呪文ひとつで消し飛んだ。

“Is it really possible to stab with this holy sword?” He walked back to the back, answering himself.
「果たして本当に、この聖剣でとどめを刺せるのか……」彼は自問自答しながら奥へ奥へと歩いて行った。

 Four days later, he finally searched for Keela.
 4日後、彼はようやくディルギオスを捜し当てた。

“Nostalgic, Lark”
「なつかしいな、ラーク」

 Majestic, Keela looked down on Lark.
 威風堂々、ディルギオスはラークを見おろした。

“A foolish man, do you really think you can beat me?”
「愚かな人間よ。私を倒せると本当に思っているのか」

 Lark pointed his wand at the dragon and proclaimed it.
 ラークはドラゴンに向かって杖を突きつけ、いいはなった。

“For me, Verila's failure was a lifetime of regret. This time we ’ll settle down.”
「ヴェリラの失敗は一生の悔い。今度こそ決着をつけるぞ」

 Keela exhaled the flame breath instead of answering. However, the flames do not reach as if they were invisible walls before Lark. “You're a forgetful guy. I won't get hurt by the flames.” Keela shouted with voice and shook his long and heavy tail. Lark escaped. Keela's tail hit the rock wall just beside Lark. The rock wall shattered with a heavy sound. I can't help losing my strength and strength against Keela. Lark was looking for a chance.
 ディルギオスは返事の代わりに炎のブレスを吐きかけた。しかし、ラークの前に見えない壁でもあるかのように炎はとどかない。「忘れっぽい奴だな。私には炎などきかない」ディルギオスは声とも叫びともつかない声をあげると、長く重い尾を振りまわした。ラークはひらりとよけた。尾は彼のすぐ脇の岩壁に当たった。重々しい音と共に岩壁が砕け散る。頭脳、体力とも強靭なディルギオス相手にいつまでよけてもいられない。ラークは隙をうかがっていた。

Thrusted holy sword / 突き立てられた聖剣

 (Isn't there such a chance to defeat such an evil but excellent dragon ...)
 (これほど邪悪ながら優れたドラゴンには、隙など無いのか…)

 When Lark thought so, Keela's position collapsed a little due to the reaction of the tail that fell down.
 ラークがそう思ったとき、自ら、うち降ろした尾の反動でディルギオスの体勢がほんの少し崩れた。

“now or never!”
「今だ!!」

 He fluttered and put the Holy Sword into the center of the dragon's forehead with full power! The tension as if time stopped stopped in the dungeon. ... and the terrifying Keela cry of the endless soul reverberated.
 ひらりと身をひるがえし、ドラゴンの額の中心に満身の力を込めて聖剣を突き立てた!時間が止まったかのような緊張がダンジョン内にはりつめる。……そして聞くも恐ろしいディルギオスの断末魔の叫び。


 Lark pulled out his holy sword and saw a dead dragon. Certainly there was a response, but again the feeling of the terrible hatred of the dragon remained nauseous in the dungeon.
 ラークは突き立てた聖剣を抜きとり、息絶えたドラゴンを見た。確かに手ごたえはあったが、またドラゴンのすさまじい憎悪の感情がダンジョン内に吐き気のするほど残っていた。

“Keela is a great dragon that will resurrect someday.”
「ディルギオスほどのドラゴンだ。いつの日か復活するだろう」

 Lark decided to keep the dragon in the wall just in case. He approaches the rock wall and concentrates his spirit to the limit.
 ラークは念のためドラゴンを壁に封じ込めることにした。岩壁に近寄り精神を極限まで集中させる。

“Ground spirit, wake up. Contain the evil.”
「眠れる地の精よ、目覚めよ。邪悪なるものを封じ込めよ」

 The moment he silently casts a spell. From the bottom of the ground, it began to sound heavy and low enough to be heard by human ears. And it grew big enough to shake the whole underground world.
 静かに呪文を唱えた瞬間。地底からズズズ…と人の耳では聞き取れないほど重く低い音が聞こえ始めた。そしてそれは地下世界全体を揺るがすほどに大きくなっていった。

 The rock wall began to fall off, and eventually collapsed onto Keela. The rubble continues to fall for a long time ... Lark eventually saw a dragon embedded in the wall like a single mural.
 岩壁がパラリパラリと落ち始め、やがてディルギオスの上に崩れ始めた。永遠に続くのでは、と思うほどガレキは落ち続け……やがてラークが見たのは、一枚の壁画のように壁に埋め込まれたドラゴンの姿だった。

The time has passed ... and an ominous sign! / 時は流れ……そして不吉な前兆が!

 
 木漏れ陽の遊ぶ森にキコリたちの笑い声と斧を打つ音がこだましている。

 
 レミアは、ラークのおかげで完全に復活し、西方のオアシスの姿を取りもどしていた。幸福な時間は過ぎ去ってしまうのも早い。太陽が西に傾いたかと思ったら、もう空が茜色に染まり始めた。

 The sound of woodcutter's laughter and ax hitting the forest filled with the sun leaks.
 ゼムンは仲間に別れを告げ家路を急いだ。そのころ、ゼムンの母親ジーラが居間でゼムンの子供たちにレミアの苦難にみちた昔話をしていた。

“Grandma, the Lark is a wizard, a great guy!”
「ばぁちゃん、そのラークって魔法使い、スゴイ人なんだね!」

 The eldest son, Royas, said his younger sister also has cute eyes,
 上の男の子ロイアスがいうと、その妹もかわいい目をクリクリさせながら

“I wish I could use magic”
「リルルも魔法が使えたらな」

 Geera saw them gently. He pointed to the picture on the fireplace.
 そんなふたりにジーラは目を細めた。そして暖炉の上にかかっている絵を指さした。

“Look, that's Lark. My Great-great-grandfather!”
「ほら、ごらん。あの人がラーク。私のひいひいおじいさんだよ!」

“Really?!”
「ええ??」

“Ho-ho, so you are drawing the blood of Lark too.”
「ホホホ、だから、おまえたちも、ラークの血を引いていることになるんじゃ」

 I still didn't understand what the children were.
 子供たちにはなにがなんだか、まだよくわからなかった。

 And at that time. The dog pochi barking for something that came through a small spring door. Pochi put it in front of Geera. Things like a shining steel.
 と、そのとき。小さなはね戸をくぐって犬のポチが何かくわえてきた。ポチはジーラの前にそれを置いた。キラリと光るハガネのようなモノを。

Resurrection of Keela / ディルギオスの復活

 Geera stiffened her face. As such, the children were sensitive to something bad happening.
 ジーラは、ハッと顔をこわばらせた。そのようすに子供たちは、何かよくないことが起こったことを敏感に感じとった。

“Keela is still alive. It will surely be resurrected. I do n’t know if it ’s 100 years or 1000 years old.”
「ディルギオスは、まだ生きている。必ずや復活するだろう。それが百年後なのか千年後なのか分からぬが」

 Lark's prophecy is now a reality ... Geera knew the pain of having to send the kids on a dangerous journey. What Pochi brought was a monster scale. That is a sign of the dragon's resurrection. That was exactly what Lark predicted.
 ラークの予言が今、現実になろうとは……。ジーラは子供たちを危険な旅に送り出さねばならないことのつらさを、噛みしめていた。ポチのもってきたものはモンスターのうろこだった。それは復活の前兆。それもラークの予言通りだったのだ。

 Xemn and his wife Maia started preparing for their trip as soon as they got home. They earned their living as woodcutter, but it was their real job to succeed Lark and defeat the dragon.
 家に帰るなり、話を聞いたゼムンは妻メイアとしたくにかかった。彼らはキコリとして生計はたてていたが、ラークの意志を引きつぎドラゴンを倒すことが本当の仕事だった。

 Xemn told the worried children.
 心配そうな子供たちに、ゼムンは語ってきかせた。


“Unfortunately, it seems that it's time to talk to you. We have a mission to defeat the dragon.”
「残念なことだが、おまえたちにも話す時が来たようだ。私たちにはドラゴンを倒す使命があるんだよ」

“But, but the dragon is really strong?”
「でもでも、ドラゴンはすっごく強いんでしょ」

“Don't worry. There is a Dragon Slayer left by Lark.”
「だいじょうぶ。ラークが残してくれたドラゴンスレイヤーがある」

 Dragon Slayer-the name of the Holy Sword. Lark feared that this sword would be taken out unnecessarily, and protected four crowns. Only a collection of all crowns can have a Dragon Slayer. These crowns are hidden all over Keela's dungeon, and even their descendants, even Xemn, did not know where they were.
 ドラゴンスレイヤー――それは、あの聖剣の名前。ラークは、この剣をむやみに持ち出されることを恐れ、4つの宝冠(クラウン)に守らせた。すべてを集めたものだけがドラゴンスレイヤーを手にすることができるのだ。これらの宝冠はディルギオスのダンジョンのあちこちに隠されており、子孫といえどもゼムンたちさえ、どこにあるか知らなかった。

Where is the trump holy sword? / 切り札の聖剣はいずこに?

 If the dragon resurrection is near, we can assume that the monsters are already largely resurrected. Keela's mental waves are terribly strong, and it's not difficult to manipulate monsters even if they are contained in a wall. Keela will be violently disturbed if he cannot take the four crowns.
 ドラゴンの復活が近いということになれば、モンスターたちはすでに大部分復活していると、考えていい。ディルギオスの精神波は恐ろしく強く、壁に封じ込められたままでもモンスターを操ることなど、苦もないこと。4つの宝冠をとられまいと、ディルギオスも命がけでジャマしてくるだろう。

“Then you have to collect the crown first! Let me help!”
「じゃ、まずその宝冠を集めなきゃいけないんだね!ボクたちにも手伝わせてよ」

 Xemn knew that these children had a hidden power. It would be a dangerous journey, but without their power we couldn't beat Keela. Xemn decided not to hesitate.
 ゼムンは、この子供たちに秘められた力があるのを知っていた。危険な旅になるが、彼らの力なしではディルギオスを倒すことなどできはしまい。ゼムンはためらいを押し殺した。


“Yes. If the whole family works together, we can defeat the dragon.”
「そうだ。家族全員が力を合わせればドラゴンを倒すことができるんだよ」


“Don't forget me too!”
「ボクモ、オワスレナク!!」

“Wow! Pochi spoke!”
「うわぁ! ポチがしゃべった!!」

 Pochi was transformed into a real figure. He was a good monster. When Lark confined the dragon to the wall, the monsters created by the dragon disappeared, but the good monsters that had been manipulated by the dragon returned to their original form. Pochi was one of them. And then Lark got stuck somehow while he was back on the ground, and has lived with this family ever since.
 ポチは本当の姿に変身していた。彼はよいモンスターだったのだ。ラークがドラゴンを壁に封じ込めたとき、ドラゴンが作り上げたモンスターたちはあとかたもなく消え去ったが、ドラゴンに操られていただけの、よいモンスターたちはもとの姿にもどった。ポチもそんなひとりだった。そして、ラークが地上に帰る間になぜかなついてしまい、それ以来この家族といっしょに暮らしてきたのだ。

Pochi thought.
ポチは思った。

“Lark, I remember what Lark said. I'll protect this family.”
「ラーク、ボクハ ラークノイッテタコトヲ オボエテイル。 コノ カゾクヲ マモルヨ」


After Lark's death, his portrait is hung on the wall of the Worzen family.
And, Unused graphics have been discovered.
ラークの没後、彼の肖像画がウォーゼン家の壁に掛けられている。
また、未使用グラフィックも発見されている。